自動車保険料 仕組み

自動車保険の保険料金の算出の仕組み

自動車保険は様々なリスクを分析し、その契約者がどの程度事故に合う確率があり、
どの程度保険料金を請求されるかを保険会社がリスク分析をして、
その結果に基づき保険料は算出されます。つまり・・・

 

保険料金を決める項目

保険料を決める要因

 

保険料金を決めるポイントはたくさんあります。

 

年齢

事故率の高い20代前半は保険料金は高くなり、30代、40代となるにつれ事故率は低くなるため
保険料金は安くなります。

 

等級

等級が高いほど、保険料金が安くなります。等級とは過去の事故発生実績から
算出されるため、事故を起こさない人ほど等級は上がり、結果として保険料は安くなります。
詳細は>>自動車保険の等級と割引率についてをご覧ください

 

保険プラン

保険プランをより充実させれば保険料はその分高くなります。
どこまでリスクを背負うかによって保険料金は変わってきます。
誰だって事故を起こすつもりはありませんが、事故は起きてしまいますので、
お金で安心どこまで買うかということです。

 

運転者限定

運転者をどこまで限定するかでも保険料は変わってきます。
本人限定は一番安く、家族限定、限定なしと保険料金は高くなります。

 

車種・装備

保険会社の統計を基に、事故の起こしやすい車種で契約する場合、保険料金は高くなります。
またエアバッグやABSなど事故を起こさないようなシステムや事故時の怪我を防止する機能がついた
車は事故による被害総額が低くなるため、保険料が割引になることが多いです。
また、盗難防止装備なども保険料金が割引になります。

 

用途・距離

走行距離が多い人は、少ない人に比べて事故発生率は上がるため、保険料金も高くなります。
各保険会社で割引率は異なりますので、自分の走行距離に合った保険会社を選択することも重要です。

 

 

保険会社によって割引率が違うので見積もりは必須

愛車の車種・装備・走行距離、運転手の年齢・等級など、保険料金を決める項目は多岐に渡ります。
そのため、自分に合った保険会社を選ぶ場合、必ず多くの保険会社から見積もりを取得することが大事。
下記の無料一括見積もりを実施した場合、従来の保険料より約25,000円も安くなったと言う実績があります。保険料が高いと思っている方は、一度保険会社の見直しをしてみた方が良いです。

 

 

一括見積もりスタート